2011年05月02日

ダメ返ルミラ【LF・デッキ】

リーダー:ルミラ(Ver.1)
 キャラ17
4:香月ちはや(F.C.2)、すもも
3:エビル(Ver.1)
1:たま(Ver.1)、ルビィ・リリン
  片桐恵(F.C.3)、柏木楓(Ver.1)、コリン、メイフィア(Ver.4)
 イベント36
4:降霊術、付け焼き刃、スランプ、臨時収入
  スカウト
3:挑戦状、ダメージ返し
2:封印、ガセネタ、応援
1:時間稼ぎ、身代わり、先手必勝、生け贄
 バトル5
3:隠し芸
1:対戦ゲーム、ラクロス
 フィールド1
1:クリアー

 ルナ杯4使用デッキ
 ルミラでヌギーに対してダメージ返しすると酷いことになるよね、というだけの話

 という事で、今回は特に解説するポイントも無いかな?
 強いて言えば先手必勝、生け贄、ラクロス辺りだろうけど
 先手必勝はまぁ、ダメ返との相性は良いし
 生け贄もまぁ、コストの補いですね
 一応、ヌギーに対して3本のダメージ返しで1+8点、残り3点はエビルで、という話で始まったので
 エビルを飛ばしつつコストを出す方法として、一応1枚
 その場合に先手必勝まであると安全、というぐらい?
 身代わり増やすと、身代わり先が無いケースもあるので、と
 ラクロスは単に、自分からバトルを仕掛けた時にバックを貰ってダメージ返し、と
 どう見てもやりすぎなのは知ってる

 後、フィールドがクリアーなのは、自分でルミラを組むと何故かこうなる、という話
 ウォプタルアビスがないと打点が不足気味になるのは承知の上で
 ちはやからコストは出るし、対策としては安定カードだと思うんだけど、さて


 そんな感じで
 ネタとしては悪くないかなぁと思ったけど、やっぱりルミラってそういうキャラでもないよな、とも思った
 実はルミラってほとんど使ったことが無かったから、久々に組むと感覚が難しいですね
 ギミック用にキャラ削ったら、大体キャラ不足で苦しんでたのもそうだろうし
 吸血の宣言先とかも、ほんとはもう少し考えないといけないんだろうなとか
 経験にはなったけど、そういう感想で済ますのも違う気はする

 経験値的にも足りてないキャラだし、どうせ最近はネタも不足気味だし
 せっかくだからしばらくは、ルミラの研究でもしてみようかなぁ
 相手にするにしても苦手意識のあるキャラだから、慣れておくのは意味のあることだろうしね
 ……いや、相手にして苦手なのは、単純に普段使ってるデッキの速度の問題なんだけどな
posted by トゥクス・ウィム at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | LF・デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルナ杯4【LF・対戦】

 ルナ杯4
 参加者14名とかだったかな?
 遠征者や久々な人も居て、ちょっとにぎやかな気分

 今回の使用デッキは、臨収ダメ返入りルミラ
 先月にヌギーを使って、ルミラに対して三本ダメ返すると酷いことになるよね、とかいう話をしたので
 実際に組んでみました、という話

 第1戦:オクタヴィア(Ver.6)
 普通にアイテムペタペタ貼って持ち物自慢&うんちくな形
 で、いきなり後攻1ターン目で応援絡めて2回バトル、とかやったんだっけな?
 他が色々足りてなかったけど、術とすももドローで手札があふれるからとりあえず、とか
 さすがにそのターンでは落とせなかったけど、後はそのまま相手の体制が出来上がるまでに殴りきって勝ち
 まぁ、普通のルミラでしかなかった

 第2戦:緒方理奈(Ver.2)
 エキサイト&ビッグプロジェクト型
 で、こっちがすもも単とか、割と大変な初手
 後攻は取れたので、とりあえず出てきた英二を挑戦状で倒す
 次のターンにもまた出てきたのを、またすもも吸ってから挑戦状で倒す
 ……色々と大変である
 これでコンボ自体は潰したものの、次は普通に由綺のステージ勝負で殴られはじめ
 最後は詰められそうになるも、必至にスカウトで相手の残り手札1枚の読み合い
 ここで結局、お互いがお互いのカードを読み間違えてて、相手が警戒して仕掛けてこなかったので、返しのターンに何とかダブルノックダウンの引き分けまで
 一応は助かった、のかな

 第3戦:河野貴明(Ver.6)
 感性系でバトル多目なデッキ
 で、またすもも単を渡される
 次のターンにもまたすもも→ドローからエビル、とか
 手札が溢れて困ったから、エビル出す→生け贄でコスト→応援とか、無駄に必死な動き
 そんなことしてる間に相手は順調にキャラもバトルも並んで、普通に殴られて
 そんなのが凌げるはずも無く負け、と

 第4戦:篁総帥(FC3)
 バトル過多系
 で、こっち先手でコスト発生をドタキャンされすももだけ展開、相手のターンに入ってライコス
 ……ありがとうございました
 臨時収入からすももを吸い殺すとか不思議な動きもしましたが、結果手数が足りてない
 なつみを挑戦状で落としても、すぐにシャーロムがおかわりとか言われたし
 後は普通にぼこぼこ殴られて負け、と

 以上、1勝2敗1分
 全体的に、やけに引き分けの多い日でした

 しかし、ルミラはやっぱり色々と慣れてないね
 構築のバランスとかも、もう少しあったような気がする
 今のところ使うのも使われるのも苦手なキャラだし、しばらく色々使ってみるもの良いのかなぁ
 いつもの感じで王道と違うタイプばっかり試してると、あんまり参考にはならなさそうだけども


 終了後はフリーやらボドゲやら、と


 次回大会は5月21日のTKC杯予定
 場所が久々に中川じゃなくて瑞穂だから注意、ぐらいかな?
posted by トゥクス・ウィム at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | LF・対戦レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

グランプリ予選&ぎふもこ131【モンコレ・対戦】

 モンコレグランプリ〜Stage2〜予選&ぎふもこ131の土日連戦
 連戦で記憶が薄れてる部分もあるし、纏めてさくっと

 使用デックはどっちも、必中サルガタナス
 シャンパニを使おうシリーズで、モンスターはレベル2〜8までいるから、相手を見ながら該当するレベルを引っ張ろう、と
 確定対抗を稼げるなら面白いと思うんだ
 ……1レベルを他の手段で回収できるように、ゴブリン入りなのはやりすぎな気もするけど

 んじゃ、まずは予選
 参加者は9名

 第1戦:レプタイル
 ……どんなだったか覚えてないな
 相手の初手がスパークゲッコー1枚とか、大変な状態
 こっちは順当にサルガタとシャンパニ引いて、割とあっさり本陣陥落勝ち

 第2戦:マグダラサボテン
 遺跡系のだったっけ? 歌姫とか入ってた奴だっけ?
 細かいことは覚えてないけど、サルガタを引けてなかったのは覚えてる
 本陣陥落負け

 第3戦:ラヴァー
 サルガタシャンパニエンジンは引いてたけど、偶数はちょっと大変だなぁと思いつつ
 4レベルは入ってないよなぁみたいな発言をされたので、4レベルは抱え込んできっちりぶつける
 本陣にラヴァドレイクが出て、ちょっと手札回してもシャンパニ2枚目は引けずに
 隊員募集で豪傑引っ張って大戦鎚2枚分の枠を用意して、4レベルは回収してぶつけて本陣陥落勝ち

 第4戦:指輪ダゴン
 2勝1敗だけど決勝卓
 ……って、9レベルは入ってないんだけど、これ
 当然の様にダゴンが止まらず本陣陥落負け

 以上、2勝2敗の22点


 続いてぎふもこ
 参加者は14名×2

 第1戦:ドラゴン
 スワンプパールチルナーガエカテリーナケートゥ
 ……6レベルはシャンパニしか入ってないって
 本陣陥落負け

 第2戦:遺跡
 地底神殿の王とかヴァースキとか、地震耐性って書いてあるんですけど
 カメレオンスクイッドとか、ある程度なんとかなる手段はあるんだけど
 手数も足りず、本陣陥落負け

 第3戦:サボテンアップリン
 サルガタの英雄点で、シャンパニが落ちる
 本陣リーチまでは持ってったけど、相手にも本陣リーチされ
 本陣特攻させてサルガタ2号で本陣を守る、とか色々と必死
 最後はキンググリフォンが頑張り、小型ワラに対してゴブリン呪殺強盗団からニードルシャワーの奇襲も決め
 相手がリュンクスの耐性戦闘スペルを見落とすとかのミスもあり、お互いの山札が切れての最終ターンでぎりぎり本陣陥落勝ち

 第4戦:メディアイアソン
 メディアはサルガタで4レベルをぶつけて排除したものの
 本陣が小型ばかりになったところを、横から回り込んできたマーマン海洋三銃士からのイアソン3点オールで本陣陥落負け

 以上、1勝3敗の13点
 てか、予選に居た人としか当たってないってどういうことなの
 予選の時は当たってない人とも当たってるから、別にいいんだけど


 今回のぎふもこサブイベントは、各ブースターの看板ユニット対決
 あまりに順当な結果で、半分ぐらいの人間が的中してたけどそれはそれ

 そんな感じで
 次回は5月22日、サブイベントはアニバーサリーの残念なユニット戦予定、とか
 ……どんなのになるんだろうな、それ
posted by トゥクス・ウィム at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | モンコレ・対戦レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

ぎふもこ130【モンコレ・対戦】

 ぎふもこ130、モンコレグランプリ〜Stage2〜予選大会
 ……なんかレポの間が空いたなぁ
 用事があって午後からだったり、テンション的にアレだったりして仕方ないけど

 今回も予選だし、あんまり参加するつもりもなかったけど
 人数が奇数だったって事で、調整もかねて参加
 参加者は24名の5回戦
 使用デックは、一応前日に組んでたジーグルーデメディア
 元々はシャンパニが使いたかっただけなのに、手持ちのカードで組めそうなデックを考えていったら結果的にそんな形になった
 基本的には、シャンパニで回収できるカードを水とモンスターに寄せたジーグルーデに、メディアとポイズントードと粉塵を入れた感じ
 シャンパニが回れば、代償はきっと稼げるよ、とか

 第1戦:シャチミノ
 シャチに金閣銀閣が入ってきた感じ、かな?
 ……シャチとか、普通に抜けないんだけど
 メビウスで溶かそうとしたら防御あげて耐えられたり、こっちもギュウキで必死に4枚切って耐えたり
 シャンパニでユニット数は稼いで、メディア引いて反撃開始、だったんだけど
 秘術の代償が1枚しかないときにうっかりディスペルじゃなくて粉塵で破棄りにいって、普通にアイテム対抗されて潰され
 後はそのまま押し込まれて終了
 うん、メディアの使い方に慣れてないとか、アレだね
 本陣陥落負け1点

 第2戦:オルトリンデジーグルーデ
 ……こう書くと、あんまりそこにシナジーは無い感じだけど、そんなデック
 で、そのはずなのに、相手はジーグルーデをなかなか引かない
 こっちはシャンパニもジーグルーデもメディアも引いたけど、儀式地形を引かない
 お互いに適当にぐねぐねしつつ、こっちが先に儀式地形を引いて、メディアが回りだす
 後は外に出てるのをジーグルーデで潰しつつ、メディアが本陣まで届いて勝ち
 回収できれば、何とか手数も足りる、と
 本陣陥落勝ち10点、合計11点

 第3戦:指輪バードマン
 一部で流行ってるデックタイプらしいですね
 んで、早々に揃った攻撃隊長×2+グレイホークが止まらずに負け
 色々と早かったし、仕方が無かった
 一応イニシで動けるカードは入ってるけど、都合よくは引けないね
 本陣陥落負け1点、合計12点

 第4戦:聖魔ラクシオスパンダ
 まぁ、パンダ
 ……どんな展開だったっけな
 パンダを2体潰して、3体目に負けたのは覚えてるんだけど
 途中で必死に、ジーグルーデ+シャンパニで本陣を守る体勢とかやってたんだっけ
 最終的にシャンパニが横にどいて回収モードに入り、他では枠的にも凌げず、と
 本陣陥落負け1点、合計13点

 第5戦:ボダ歌姫
 大体そんなの
 確か早々にメディアを2枚とも引いて攻め上がるも、同時で落とされる
 その間にシャンパニは回る体制を作れてたので、リヴァイアサンをぶつける作業とか
 最終的にはリヴァイアサンを相手本陣横に飛ばして、ブラッドボイル用にギュウキを回収するとか必死に動いたけど
 手薄になった本陣を普通に落とされて負け
 無理にラインを上げなきゃ、もう少し頑張れたのかな
 本陣陥落負け1点、合計14点

 以上、1勝4敗
 急造で無茶なネタの割には、頑張れたような気はするけど
 やっぱり、ここまで詰め込むのは無理があるかね


 今回は、サブイベントは無し
 終了後は、僕は別の部屋でやってたボドゲ会に顔出してました、と

 そんな感じで
 次回は4月16日にもう一回予選、そして翌17日がぎふもこ、らしい
 連戦になるけど、どうなるやらね
posted by トゥクス・ウィム at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | モンコレ・対戦レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

ヌギー単騎【LF・デッキ】

リーダー:ヌグィソムカミ
 アイテム7
4:入門書・早さ&賢さ
1:魔法のサークレット、アイテム没収、味オンチ
 イベント44
4:降霊術、チョンボ、臨時収入、スカウト
3:電子マネー、再企画、秘薬、早さからの防御
2:時間稼ぎ、人数調整、遠隔操作、買い物
  クレジットカード、挑戦状、魚肉ソーセージ
1:封印、ダメージ返し
 バトル7
4:鶴来屋温泉三本勝負
2:再試合
1:対戦ゲーム
 フィールド1
1:フェンス

 T.杯8使用デッキ
 この前の琴音FC単騎に続く単騎デッキです


 って事で、解説
 入門書が4積みから始まってますが、これが今回の発想のメイン
 琴音単騎のときに使いたかったカードが、概ね賢さ属性だったんだけど、入門書でその属性を付けられる事に気付いて
 更に賢さ属性があれば再企画も使えるし、相手に貼ればこっそりとヲイデゲェェェ!が発動するし
 色々と面白いんじゃね? と

 で、後は大体、琴音単騎からの使いまわしなんだけど
 単騎で必要なカードは、大体そんな感じだよね
 イベント的には起こすカードが増えて、コストを出すカードが属性よりもコスト量を重視する形になって
 魚肉とかも一応、と

 バトルはひたすら三本で、一応再試合も積んだ
 こっちはコストが難しい気がしたので、2枚だけ
 後は1枚だけ積まれた対戦ゲームですが、これはヌギーメタという不思議発言
 ヌギー相手に三本だけだと泥仕合になって、前衛分で負けるビジョンしか見えないので
 対戦ゲーム+早さからの防御&ダメージ返し辺りでダメージを稼ごう、と
 賢さからじゃなくて早さからの防御が積まれてるのも、主にそういう理由から
 入門書的には賢さからでも良くて、賢さで殴られる方が嫌ではあるんだけど
 対賢さ属性キャラは、単純に三本とどっちが早いかって勝負で良いよね、と


 そんな感じで、考えてる時は楽しかったんだけど
 実際に組んで回すと、1ミスが大きく響くから、試合にかかる時間の割に疲れた
 デッキ的に前のめりなんだけど、その意識のせいで自分まで前のめりになるし
 正直、単騎を使うのはあんまり向いてないし、もうしばらくは良いや、と思った
 まぁ、そうそうネタが降りてくるわけも無いと思いますが
posted by トゥクス・ウィム at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | LF・デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。