2006年02月21日

GFV2:スキル1000突破記念算定曲リスト【その他・ゲーム】

 題名のとおり
 ギターフリークスV2のスキルポイントが1000を超えたので、記念に算定曲のリストを置いておきます
 左から曲名、譜面、難易度、達成率の順番です

Tail Spin  OpEx 75 91%
明鏡止水  OpEx 88 77%
WILD RIDE  OpEx 83 81%
Orbital Velocity  OpEx 79 82%
CLASSIC PARTY  Ex 72 89%
蛹  Ex 82 78%
NEWSPAPER(Vocal ver.)  Ex 86 73%
GLIDE  OpEx 79 79%
Desert rain  OpEx 75 83%
赤い鈴  Ex 89 70%
Reaching for the stars  OpEx 69 90%
begin  OpEx 70 88%
going up  OpEx 80 77%
too late two  OpEx 74 83%
Funky sonic World  Ex 88 69%
SOME HARD REACTIONS  Ex 83 73%
ROOPA  OpEx 70 86%
jet coaster☆girl  Ad 77 78%
月光蝶  OpEx 79 76%
GIANT SLUG  Ex 71 84%
サンデードライバー  OpEx 78 75%
ツミナガラ…と彼女は謂ふ  Ex 78 75%
JET WORLD  Ex 68 85%
BOBBY SUE AND SKINNY JIM  Ex 75 77%
そばかす  OpEx 76 76%
ESCAPE TO THE SKY  Ex 75 76%
三毛猫ロック  Ex 79 72%
Dragon Blade  OpEx 71 79%
HELLO YOU  OpEx 65 86%
チカラ  OpEx 67 82%

Produced by NAOKI  OpEx 67 75%
Rock!Rock!!Rock!!!  OpEx 64 76%
恋せよ乙女  OpEx 58 80%

 これで現在、スキルは約1001です
 Opはオープンピック、何も書いてない物はギター譜面
 ベース譜面は意図的に封印しています
 基本的にはCARNIVAL DAYのベースを封印したかっただけですが
 それと、ランダムやスパランも無し
 こっちはただ単に、曲と譜面が一致しなくなるのが嫌いなだけ

 未だにHELLO YOUとかが入ってるのが、自分では謎で仕方がありません
 これ、最初に新曲だからって1度やっただけなんだけど
 後は概ね納得……繋げそうで繋げてない曲があるので、まだもう少しは伸びそうな感じ
 まぁ、しばらくはまたスキルを気にせずにやっていると思いますが

 ついでに、スキル1000で出てきたMODEL DD7はギターEx80でやってみて達成率54%でした
 ……むしろ、良く落ちなかったなこれ
posted by トゥクス・ウィム at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

Shoot the Bullet.(東方文花帖)【その他・ゲーム】

 東方文花帖ALLクリア記念の感想とか

 さて、今回はいつもどおりのシューティングじゃなくて、弾幕撮影ゲーム
 撮影でもShootingって事で、そういった意味でのジャンル名の変化はないのですが
 元々がジャンルの枠から考えて作ってるわけではないらしいので、そんな物なのかなぁと

 システム的には、攻撃手段であったショットが無くなって、代わりに撮影になってるだけで
 弾幕シューティングが回避メインだと思ってるので、その1点はあんまり変わりないかなと
 撮影も、撮影によって弾幕が消えるシステム上、言ってしまえば近距離限定のボムに近い感じで
 個人的にはさほど違和感もなく入り込めました
 この辺りのシステムに関しては、人を選ぶ部分があるのは確かでしょうけど
 根本的な部分では東方シリーズのままだと思うし、そうやって把握しているのなら今回もまた楽しめるかと

 後は延々と、『ボスの弾幕を避けつつ一定枚数の撮影をする』事の繰り返しで
 東方永夜抄のスペルプラクティスに近い印象ですね
 下手に道中もステージの繋がりもなくて、それはそれで寂しいのかも知れませんが
 逆に1つのスペルカードにだけ集中できるのと、1回のプレイ時間が短くて済む、と言う話でもあって
 ミニゲームとして考えれば、ステージ数からしても十分だと思います
 難易度的には、中盤辺りから苦しくなってくるかも知れませんが
 ほとんどがある程度のパターンさえ見つければ楽に回避できるので、そういう練習にもなるのかも
 一応、作者の想定している難易度としては、今までのエキストラがクリア出来た人にちょうど良いくらい、らしく
 僕個人としては、ちょうど頑張れば何とかなるレベルで、それも楽しかったのですが


 と、それぐらい?
 今回はあんまり書く事も思い付かないのですが
 今までと比べて異色なゲームに見えつつ、なんだかんだで東方になっている辺りは相変わらず凄いと思います

 今回はネタバレな話も特にはないので、以上で
 最後に、今回はおまけテキストにネタバレっぽい話もないので、東方シリーズが好きならおまけのあとがきは読んでおくことをお勧めします、とだけ
posted by トゥクス・ウィム at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

六十年目の東方裁判(東方花映塚)【その他・ゲーム】

 東方花映塚……エキストラまでクリアしてから少し経ちましたが
 まぁ、感想とか

 何というか、今までの東方シリーズとはかなり違うんだけど
 ある意味で一番東方らしいゲームなのかな、と
 今までの東方からゲームジャンルとしてのシューティングな部分を削って、東方の世界を詰め込んだ感じ
 そういう意味ではむしろ、東方萃夢想辺りが近いゲームになるのかな、とも思えたり
 対戦型という意味だけではなくて、ね

 システム自体は対戦型シューティング
 某ティンクルとほぼ同じ、なのですが
 それがきっちりはまっている気がするのが東方の凄いところか
 ただ、シューティングな部分が削れているというのも、そのシステムな分の話であって
 スペルカードの演出やらは地味になっていたり、パターン化が通じなくなっていたりして
 逆にそこを楽しめるかどうか、というゲームな気がします
 そういう意味では、元々シューティングをやっていて東方もやっている人よりは、東方から入った人の方が向いているのかも知れません
 それも、東方の何処が好きなのかによって変わってきますが

 ちなみにパターン化云々は、制作者云々が体験版のおまけテキストで語っていたりします
 そして、今回は制作者も楽しめるゲームと言うことで、本当に楽しんで作っているという事も体験版、製品版双方のおまけテキストで言っています
 もちろん、必ずしも自分が楽しめる物が他人にも楽しめるというわけではないのですが
 とりあえずは何も考えずに、適当にやってみることをお勧めします
 考え出すと難しいゲームな気はしますが、考えずにやればきっと楽しい、はず
 少なくとも、僕は好き

 やる時は、是非とも推奨環境まで揃えることをお勧めします
 特に高いテンション(パッケージ裏)、高い暢気さ、ある程度の人生を楽しむ余裕(マニュアル)辺り、重要
 必須環境より重要な気がする自分もどうなのか
 と言うか、家の環境だとCPUが必須を満たしてないから、特定ステージで常に処理落ちするし
 ボスアタックが出ると処理落ちが無くなる辺り、別の意味で熱いゲームになりますが……お勧めはしない、もちろん


 そんな感じで
 後はネタバレ含みで、ピンポイントな話を幾つか
posted by トゥクス・ウィム at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

ずっとずっと憧れている(To Heart2)【その他・ゲーム】

 リーフファイターとして一応、コンプしたので
 感想とかまぁ、色々

 と言うわけで、To Heartの7年半だかぶりに復活した続編
 さすがに前作の記憶も曖昧になってきてたりするわけですが
 そもそも前作をやったのもいつだっけか……発売当初って事は絶対にないんだけども
 それでも記憶が薄れるぐらいの年月は経ってるわけで……感慨深いですよ、ええ

 で、基本的な感想としてはやっぱり、懐かしいなぁと
 曲も前作の曲のアレンジとか混ざってるって事もあるし、雰囲気自体もなんだかんだで近くなっていると思います
 逆に雰囲気を寄せようとして、やりすぎて崩れているように感じたキャラも居ますが
 総じて安定した良作にはなったかなぁと思います
 前作と比べてどう、と言われると首は傾げますが……前作がもはや伝説めいた印象になってるので、それを省けば別にいいかな?

 ただ、やっぱり元がLeafでエロゲーメーカーなので
 その辺りの遊び心だけは、そっちを知らないと理解はしきれないかも
 別にそこまでそういうネタは多くないし、気にするレベルでもないですが
 後は前作関連のネタもちょこちょこ……この辺りもまぁ、味付け程度なので特には
 もう少し、前作と直接的な関連があるキャラが居ても良かったかなぁとは、少しだけ

 後は何というか、主人公の立場に時間の流れを感じますね
 これはLFでのネタになりますが、前作の親友キャラの雅史に付いてた消極的って特殊能力が、今回(ベータ段階)は主人公の貴明に付いてますし
 その辺りの立場が入れ替わっている辺りはやっぱり、最近の作品の流れなのかなぁと


 しかし、どうでもいい話ですが
 個人的に気に入ったキャラの上位がほとんどサブキャラだったり
 多分、僕がひねくれてるだけなんだけど……
 上位3人は郁乃、イルファ、由真、とか言うし
 ただ、嫌いなキャラは、嫌われる前提であろうキャラを除けばほとんど居ないのも事実
 そういった意味も含めて、個人的にはかなり当たりな作品でしたね


 後は特定のキャラに対するピンポイントな感想とか
 以下はネタバレを含むので注意
posted by トゥクス・ウィム at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

萃まる夢、想い(東方萃夢想)

 そんなわけで、東方萃夢想全キャラストーリークリア記念
 そんなことを言いつつ、適当に感想を書くだけなのですが

 とりあえず、一言で言うなら「何処のSTGですか?」と
 パッケージに「弾幕アクションゲーム」とか書かれているのは伊達ではなく
 普通の格ゲーとして見てると付いて来れない予感
 逆に東方から入った方がわかりやすそうな感じ

 ストーリーなんかも本人が書いてるだけあって、さすがに東方
 1つ1つの会話があんまり長くないので、いまいち掴めない部分もありますが
 そもそもがそんな奴らだしな、こいつらは

 まぁ、ストーリーモードをまったりやってる分には楽しいゲームだと思います
 対戦になるとどうなのかは、最近格ゲーの対戦から離れてるので何とも、ですが
 STGよろしく、弾幕をグレイズシステムで抜け回ってる方が遊べる気はします
 コンボとか繋ぐのもかなり大変そうだしね
 と言うか、対戦時もスペルを2枚選ぶのに、1ダウンで体力がリセットされるのが納得いかなく
 どうせだからストーリーと同じように、そのまま続けた方が楽しそうなんだけど

 後は、相変わらず大変なスペルカード集め……もはや集める気もなく
 取得できる目処が全然立たないのも幾つかあるし
 一応、表示だけはさせるため全難易度で1周はしようと思ってるけど
 それでも概算すると30時間ぐらいかかりそうらしい……何というか、キャラ多すぎ
 ストーリーで使えるキャラは制限されてると思ったのになぁ……

 ええと、それぐらい?
 各キャラ考察とかしたくもなるけど、そんなのは攻略サイト漁った方が良さそうなのでパス
 元々やりこむ人間じゃないから、当てにもならないしね

 最後に、現状ではパチェリー練習予定と言い逃げ
 ロイヤルフレア安定の駄目な人で
posted by トゥクス・ウィム at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

いってきま〜す

 なんかこのカテゴリ全然動いてなかったので、何となく

 と言うわけで、虫姫さま初プレイ
 50円であったけど、やってみたらメンテが寒かったから他の100円のとこでもう1回やりつつ
 ……レバー左が入りにくいのはともかく、コイン入れても認識してくれないのは勘弁してください
 とりあえずオリジナルとマニアックと1回ずつやったので、軽く感想とか
 双方共に2面止まりなので、ほんとに触った感想まで、ですが

 シューティングとしてはまぁ、CAVEだし安定かなぁと
 やる気のないボイス含め? いつもどおり
 システム的には、ちょっとアイテムが変わるまでの時間が長いかなと
 取り間違えることは少ないだろうけど、待ってるのが辛かったのはさすがにどうか
 まぁ、どのショットをメインにするかは最初に選べるから、でもあるだろうけど
 ただ、ショットの性能差はいまいちわからず
 範囲系でも言うほど範囲があるようには見えなかったしなぁ……
 攻撃範囲と言うよりは、移動スピードを考えて選んだ方がいいのかも

 で、オリジナルとマニアックと
 オリジナルモードは、ほんとにいつもどおりのアーケードSTGと思えばいいかなと
 普通の弾数で、普通の弾速……だと思う
 ちょっと少なめでちょっと速めには感じたけど、まぁ、2面だし
 アーケードではあんまりやってないので、基準の感覚も掴めず
 後はマニアックモードがある分、相対的にそういう調整になるとも思うしね

 そしてマニアックモード……1面から激しいです、ええ
 確かに弾速もオリジナルモードよりは遅く、見た目よりは避けやすいですが
 ただ、個人的にはこれでもまだ弾速が速いんですよね
 この辺りは結局、僕のメインが東方シリーズであることが影響してるんでしょうけど
 もうちょっと弾数は多くても良いから、もうちょっと弾速を落として、弾のサイズを小さくして欲しいと思った
 弾のサイズに関しては、アーケードとしては普通だから別に良いんですが
 弾速はなぁ……低速武器の低速モードでは避けきれないっぽいのはどうかと

 大体そんな感じかな?
 個人的にはどっちのモードも中途半端に感じて、どっちを練習するのか悩むところ
 オリジナルの方が難易度は低そうなので、とりあえずそっちからでしょうけど
 まぁ、ちょこちょことはやる、かも
posted by トゥクス・ウィム at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。