2005年08月03日

属性別好きなユニットベスト5【モンコレ】

 モンコレオルトの各地で書かれていた、好きなユニットのベスト5
 若干乗り遅れた感じはありますが、せっかくなので書いてみようかと
 どれだけ被らないのかも自分で気になりますし

 コメントを付けると長くなるだろうから、まずは順位だけサクッと発表

属性:火
1.ヴィーヴル
2.デザート・クロコダイル
3.コズミック・サジタリウス
4.ウコバチ
5.オーク投擲隊
属性:水
1.スピノ
2.リトルグレイ
3.バーバヤーガ
4.ジャングル・カプリコーン
5.オゴポゴ
属性:土
1.太古の精霊王
2.エルフ森林遊撃隊(WHITEパック)
3.ゴブリン馬車強盗
4.コボルド・テロリスト
5.ダンジョン・パイソン
属性:風
1.ハリケーン・イーグル
2.ペガサス
3.ブラーク
4.ポイズン・モルフォ
5.雷獣ヌエ
属性:聖
1.親指姫
2.ドリアン・キッド
3.タンゴを踊る黒猫
4.プリムローズ三姉妹
5.風巻く空の女神シフ
属性:魔
1.マインド・ジャマー
2.マンティコア
3.レッドキャップ・ソーサラー
4.マルコキアス
5.ポイズン・インプ

 カードリストと睨めっこしながら埋め……色々と怪しい結果な気がする
 けどまぁ、僕らしい順位でもあるよね?

 各カードやらへのコメントは長くなるので、ここから先は見たい人だけ
posted by トゥクス・ウィム at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | モンコレ・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

フォーリンラヴ&バーニングフォース【モンコレ】

 昨日、日記ではスルーしましたが
 せっかくなので、今回のルールネタを纏めて更新ネタにしようかなとか、そんな感じで
 むしろリーフファイトの人達向けな解説をするっぽいけど
 どうせ公式ルルブ持ってないから、細かい解説は出来ないし

 てか、そんなわけでリーフファイト向け基本解説
 対抗ってのは、ガセネタみたいな割り込み型アクションだと思ってもらえればいいはず
 実際には同時アクションみたいに宣言を先に全部通して、逆順処理って話なんだけど
 今回の解説で引っかかるのはその辺りぐらい、のはず
 他はまぁ、適当に察して

 まずはアラマンダの特殊能力、フォーリンラブ

◎フォーリンラヴ[普通/対抗]
 自軍ユニット1体と敵軍ユニット1体が対象。すべての対象が同じ種族名の場合、対象を手札に戻す。この効果は、1度の対抗連鎖の間に、同じ自軍ユニットを2回以上対象にできない。

 えーと、◎ってのはリーフファイト的にはコスト無しでアクションとして使用する特殊能力だと思って貰えれば
 でまぁ、最初に出てきた問題点は、自爆型特殊能力(リーフ的には、自分のゴミ箱送りが代償の特殊能力)に対抗して使った際に
 自爆型を使ったユニットが手札に戻った場合、どうなるのかという話
(実際に代償を支払うのは効果の解決時のため、対抗で宣言した場合まだ場に残った状態として扱われる)
 これに関しては、自爆型の代償であるユニットの破棄は、場に存在している場合に支払うというルールがあるらしく
 先に手札に戻った場合は、そのまま手札に戻る、と
 NAP一筋の閃き(楓FC)同時アクションAPタックル(レミィVer.1)とかが同じ感じ、かな?

 で、その次に出てきたのが逆の話で
 フォーリンラヴに対抗で自爆型特殊能力を使ったらどうなるか、と言う話
 リーフファイト的には、宣言時に指定した対象が効果の解決時に存在しない場合は、そこで処理の中断となるわけですが
 モンコレの場合は、宣言時に対象が取れていれば、効果の解決時には適切な対象が存在しなくても効果を発揮するのですね
 で、フォーリンラヴの問題点は、『すべての対象が同じ種族名の場合』に、対象を手札に戻すと言うこと
 対象が1体しか居なければ、全ての対象の種族名は必ず同じになるわけで
 結果として、確実に相手を手札に返せると、そういう話
 自爆分の被害はありますが、元々コンボさせるには他のカードを1枚は使うわけで
 1レベル自爆系のユニットがいるだけで、確定で手札に戻すのはまずい、と
 リーフ的には……ノーコストでターン回数制限無しタックルとか、そんな感じ?
 モンコレのユニット1体とリーフのキャラ1体の重みは全然違いますが


 続いて、新たに出てきた問題として、バーニングフォース

[普通/対抗]
 ユニット1体が対象。対象ユニットが「装備品」を装備している場合、「攻撃力:+1D」する。または【火炎】で死亡させる。

 こっちはもっと単純に、テキストは何処で切れていますか、と言う話
 『または』という表現がある場合、カードの使用宣言時にどの効果で使用するかを選ぶわけですが
 効果が『対象ユニットが「装備品」を装備している場合、「攻撃力:+1D」する』『対象ユニットが「装備品」を装備している場合、【火炎】で死亡させる』の2つなのか
 『対象ユニットが「装備品」を装備している場合、「攻撃力:+1D」する』『【火炎】で死亡させる』の2つなのか
 要は、『または』ってので何処までが切れるか、と言う話ですね

 このバーニングフォースは、モンコレ2の基本セットのカードで
 最近のカードだと、例えば最終セットに含まれる銀の手鏡などは

[普通/対抗]
 ユニット1体が対象。対象が「種族:アニマル/ウルフ/ハウンド/ベア/ライカンスロープ」の場合、「攻撃力:+3/防御力:+3」または「攻撃力:−3/防御力:−3」する。

 と言うように、『または』の部分の前が句点によって区切られては居ないわけで
 バーニングフォースは区切られているから、そこで別のテキストになり、後半部には『「装備品」を装備している場合』と言う条件がかからないのではないか、と

 ちなみにその場合、リーフ的には
 力属性1コストイベントでおめかし(FC智子)か強制退場の2択とか、それぐらいのレベル
 1コスト強制退場がすでにあり得ないわけですが

 この問題に関しては、FAQで『装備品を装備していないユニットを死亡させることは出来ません』という裁定が出ていたので、解決したようですが
 日本語って難しいよね、と


 そんな感じでどちらも、テキストを厳密に読むとそうなるよね、と言うだけの話だったのですが
 そう解釈するとあまりにえぐい能力って事で、どうなのよと
 ルール的に間違ってないってのは、リーフファイトのLDSにも言えることですが
 サポート停止が宣言されてることもあって、エラッタも期待しにくいし
 とりあえず今回、週末に行われる残党ファイトなどでは、レフリー権限で出来ないという裁定を出すようですが
 一応はまだ動いているらしい公式がどう動くか、しばらくは様子見ですかね
 この状況が続くようなら、大会レベルでは禁止って流れになりそうですけど


 さて、デックを組もう
 アラマンダ×3、アイスバーンレディ×47
 ……そんな環境は嫌だ
posted by トゥクス・ウィム at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | モンコレ・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

ハンデス

 そんな感じでモンコレデック構築
 一応、前回ぎふもこからの新作は
・ウィングテイマーリーフ
・「しょんぼりなユニットで竜姫リーフを倒す会」
・ハンデスターナ
 以上3つ予定……多分他にネタも出ないし
 浮かべば組むけど、とりあえずはリーフファイトのネタ出しが先で

・ウィングテイマーリーフ
 これだけ組んだのがちょっと前
 なんだかんだで術師リーフ対決はよくあるので、なにか新作を組もうってのが始まり
 ……そこで癖のあるユニットを選ぶのはもはや性分
 コモンカードで集めやすそうだったのと、弱点を補えそうな構築がすぐに浮かんだってのが大きいか
 ただ、現状で確か4戦(内リーフ以外が2戦)ぐらいして未勝利なので、要修正
 修正作業はまだこれから、と言うかぎふもこ直前になるかなぁとか

・「しょんぼりなユニットで竜姫リーフを倒す会」
 そのままネタデッキ
 とりあえず必須カードだけ取りだして、まだ枠が空いてるからどうしようかなぁって状態
 てか、本気でそれ以外に勝てなさそうな状態は何とかするべきなのかなぁ……

・ハンデスターナ
 元々はまだ使ったことのない聖王ブースターの術師を使おうと思ったんだけど
 物資的にろくなネタが思い浮かばなかった結果、こんな事に
 なんてーか、軽く自爆してるっぽいユニットの積み方が楽しげ
 要は使ってみたかったユニットを全部詰め込んでみて、その上で方向性を付け足してみて、と
 これも50枚は取りだしたけど、あんまり回りが良くなさそうだから修正しないと、とは

 ……って、そんな感じで実は3つともまだ修正作業は要るけど
 ネタと草案まで作ってあれば後はなんとでも、と


 さておき、おもむろに作ったハンデス(=手札破壊)デック
 個人的には割と好きなコンセプトなんだけど、モンコレでは割と微妙なんだったり
 ターンの開始時と終了時に手札上限枚数までドローするシステム上、そのターン単位でしか行動を縛れないので
 それでもフェイク攻めでのハンデスは有効だし、手札に握ってるキーカードを落とせる可能性はあるけど
 どちらにしても、僕の場合は構築が極端な事もあって、ハンデスで組むと戦闘単位では負けがちだし
 その辺のバランスはどうしてもねぇ……

 で、モンコレだと割と好きなハンデスだけど、リーフファイトでやった事はそんなになかったり
 1ドローなゲームだと、仕掛けるまでもなく手札が無くなってることもあるし
 決まったら決まったで相手の手はほとんど止めれるんだけど
 後はその上で勝つ手段を用意するのがめんどくさいのかも、とか
 それだけをメインにしても勝てる物ではないし

 とまぁ、今日はそんな事を思いながら組んでたわけですが
 ただ単に、モンコレだと手札破壊されてもあんまり痛くないから、気楽に仕掛けれるのかなぁとかいう結論で
 1ドローのゲームだと割と嫌がられる行動のはずだし
 しかし……だから、直接勝ちに結びつかない手段を好むのはやめましょうと
 それで僕は楽しめてるからいいんだろうけどね
posted by トゥクス・ウィム at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | モンコレ・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。