2005年06月13日

無限大雑把・実例【LF・デッキ】

リーダー:モルガン
 キャラ:17枚
ショップ屋ねーちゃん×3 姫川琴音(Ver.1)×3 田沢圭子(6.0b)×2
セリオ(F.C.)×1 栗原透子×1 十波由真×1
神岸あかり(SP)×1 相田響子×1 イビル(Ver.4)×1
小牧愛佳×1 雛山理緒(F.C.)×1 七瀬彰×1
 イベント:36枚
降霊術×4 転機×4 おとぎ話×4
応援×4 遠隔操作×4 秘薬×4
床上手×4 禊×3 延期×1
うんちく×1 長蛇の列×3
 アイテム:6枚
アクアマリンの指輪×2 情報システム×2
分厚い財布×1 衣装・メイド服×1

 理論なんかは基本的に、以前に書いた記事を参照してもらえば済むのですが
 それから実際に組んでみた、モルガン絡みの無限コンボデッキです
 やりたいことをまた簡単に書くと、モルガンにアクアマリンの指輪、情報システム、分厚い財布を装備して
 大雑把で応援を回収して、琴音とモルガンを延々と起こす、と言った感じですね
 応援が回収できなくても、遠隔操作やら秘薬やらが拾えればモルガンだけは起こせるから、もう1回大雑把、と言う話


 実際に回してみた感想ですが、ドローカードが多くて起こすカードも多いので、パーツを揃えるのは意外と簡単
 ショップ屋さえ引ければ、床上手と禊だけで取り寄せのコストが出せたりするし
 取り寄せと装備がしっかり出来れば、降霊術を使い回して琴音を待つだけだし
 後はアイテム装備のためにフルタップになっても、やっぱり床上手で誤魔化せるのが優秀
 バトルを凌ぐ意味では遠隔操作も便利で、その辺りの4積みだけでかなり誤魔化しは効く模様

 ただ、やはりコンボは理論上の無限コンボでしかないので、安定しないし時間はかかるしでかなり微妙
 床上手なんかは相手ターン限定な事もあって、発動するのが意外と難しかったり
 禊のコストさえ考えて回せば、それなりに上手くやれそうなんですが
 正直、1ターンで繋がらなくてもうんちく辺りを使い回した方が楽な気が
 実際にやってみた時のキーカードもうんちくでしたし


 後は理論段階から構築段階でいじったことを色々
 まずは、気力のマイナスがあるから微妙かも、と言った禊ですが
 秘薬で相殺できるので、枚数バランスさえちゃんとすればきっちり繋がるかな、と言った感じ

 それと、長蛇の列が大きいですね
 捨て山から、大雑把で引いても嬉しくないカードを除外するために使用するわけですが、その相性はかなり良いかなと
 結局、キャラを引いても嬉しくない状況が多いので
 最初は廃品回収とか積まざるを得ないかなぁとか思ってたけど……全然効率が違いますね、ええ
 最終的に長蛇の列自体も山札に戻せるから、邪魔にはならないし、と

 細かいところだと、十波由真が便利
 根性コストが出て、ブロッカーになって、ダウンしてもゴミ箱に行かないので大雑把の邪魔にならない
 それが使い方として正しいのかどうかはともかく、悪くはない、と


 それぐらい、かな?
 何にしろ、もう少しフィニッシュ手段を考えないと実用性は薄いですが
 無限で一気に落とすよりは、うんちくで1ターン1キルぐらいが現実的なラインかも
 ……それぐらいにしておかないと、大会だとまず時間切れで終わるデッキですし
posted by トゥクス・ウィム at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | LF・デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。