2011年10月22日

ルナ杯6【LF・対戦】

 ルナ杯6
 参加者10人だったっけ?
 ファンタズマゴリアの影響で人が増えてるっぽいとか、どうなのやら
 合間の時間には、ほとんどの人がファンタのフリーしてたし

 で、今回は特殊ルールとして、60分2本先取
 サイドボードを10枚まで用意して、1本ごとに入れ替え可能、と
 1戦目は初期状態に戻すっていう、普通のサイドありの形式ですね
 そして、どうせならデッキの内容がガラッと変わったほうが面白いけど、リーダーを変える人は結構いそうだったので
 僕は敢えて前衛のタッグを組みかえる、とかいう不思議構築
 シャーロムリーダーのスフィリアバーンで、サイドに健太郎とか、どこに向かってるのか良くわからなかったけど

 第1戦:姫川琴音(Ver.1)
 1本目、適当に手札投げられて割とあっさり焼かれる
 2本目は健太郎スフィーに変更、向こうも何枚か入れ替え
 で、早々に仮面で止めてタッグ化して殴り
 3本目はスフィリアに戻してみて、やっぱりあっさり焼かれる
 ……どうして戻したんだろうな
 1勝2敗で負け

 第2戦:森川由綺(Ver.2)or柏木耕一(Ver.1)
 1本目……あんまり覚えてないな
 まぁ、適当に挑戦状から投げつけられて負け
 2本目、健太郎&スフィーに変更、向こうは耕一に
 耕一は仮面貼って止めるも、普通ぺちぺちと殴られる
 挑戦状からスフィー落とされた次のターンにスカウト引くとか、全体的に後手後手
 最終的にはエキサイトに付けスラ応援が絡んで殴りきられたんだったかな
 0勝2敗で負け

 第3戦:柏木耕一(Ver.1)or久寿川ささら(Ver.7)
 第1戦、スフィリアタッグは完成するも、ピンポイントで封印や真紀子が出てきて止められず
 最後は可憐にデコピン1点貰って負けたり
 第2戦、健太郎&スフィーに変更、向こうはささらに
 前衛に耕一と梓が出てきて、鬼神楽っぽかったので耕一に先に狸の置物
 後はパーツ集めてタッグ化して勝ち
 第3戦、こっちはそのまま、相手は耕一に戻ってたかな?
 こっちの初手にタッグパーツとタッグマッチが揃ってて、そのまま殴って勝ち
 2勝1敗で勝ち

 第4戦:久寿川ささら(SP)
 特にサイドの準備もしてなかったらしいけど、さておき
 第1戦、割と早々にスフィリアが揃って、ささらは焼けないので周りを必死に
 瑠璃子フランクとか出てきたので、火力を上げる意味で琴音出して、目覚ましも琴音の方に付けたり
 結局、バトル枚数が増えなくて、シャーロムシステムが抜かれなかったので何とか焼ききり
 第2戦、健太郎&スフィーに変更
 相手はシャーロムシステムを抜く手段がなく、こっちはタッグが揃わず
 何ターンか睨み合った後、こっちがスカウトからタッグ化して攻撃
 返しのターンに落ちかけるも、福袋から引いたガセで身代わり通して凌ぐ
 次のターンに瑠璃子と応援絡めて、相手のバトルとタッグマッチ2枚で4回殴って勝ち
 2勝2敗で勝ち

 以上、2勝2敗で内訳は5勝5敗
 なんという普通の子


 終了後はあんまり時間がなかったけど、ファンタのフリーが数卓立ってたり、ぐらい
 ボドゲやる元気はなかった

 次回はとりあえず、11月12日にTKC杯を入れました
 ファンタ勢が増えてるので、あえてやる必要があるのかどうか微妙かなぁとは思いつつ
 まだ大会開いてって要望は出るみたいだし、別にファンタのフリーを打つ場になってもそれはそれで、かな
posted by トゥクス・ウィム at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | LF・対戦レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。