2009年05月31日

TKC杯11【LF・主催大会】

※この大会は終了しました
 レポートを作成してあるので、そちらをどうぞ

ゲーム名:LEAF FIGHT TCG
大会名:TKC杯11
開催日時:2009年5月31日(日)
 09:00開場
 09:30受付開始
 10:00開会予定
  ↓
 16:30完全撤収完了
会場:愛知県名古屋市名古屋市中区橘一丁目7-1
 名古屋市中生涯学習センター 第1集会室
(地下鉄「上前津」下車6番出口より南へ約250m )
定員:24名(当日の先着順による受付)
参加費:300円

※今回から非公認大会となります

 スイスドロー40分一本勝負
 全試合が時間内に終了した場合、試合時間の繰上げあり
 参加者が16名以下の場合固定4回戦、17名以上の場合は固定5回戦予定
 同点時はオポネントポイントにより順位を決定します

 昼休憩はとりますが、タイミングは状況により変動します

【注意事項】
 会場内での飲食は可能ですが、対戦の迷惑にならないようにしてください
 ゴミは各自で持ち帰りください

【事前裁定】
 バラエティパックは許可が必要なもの以外は使用可能です
 カードと同じスリーブに薄い紙を入れる、もしくはカード自体に貼り付けることにより、プロキシ(代理)カードとして使用しても構いません
 ただし、プロキシを使用される場合は、そのカードの構成要素(詳細ルール参照)を全て表記してください
 コピーを使用される場合は、コピー元のバージョンは問いません(通常と同じ様に読み替えます)
 例外として、以下のカードはカード名のみの表記でも構いません
・Ver.1のイベントカード全て
・噂話(Ver.7イベント)

【今回の特殊ルール】(4/20更新/禁止リーダー追加)
※5/4付けで確定としました
 致命的な不備が見つからない限り、このルールで行います

 リーダーキャラとして、タッグキャラを使用できます
(必ず使用しなければいけないわけではありません)
 タッグキャラをリーダーとして使用する場合、そのリーダーの気力は2倍にはなりません
 禁止リーダーは以下のとおりです
・構成要素が3体以上のタッグキャラ全て
・由真&ダニエル(Ver.6)
・貴明&浩之(F.C.2)
・健太郎&スフィー(F.C.3)
・耕一&千鶴(F.C.3)
・貴明&まーりゃん(F.C.3)
 いずれも、前衛で使用するのは構いません
 また、以下のカードのテキストの読み替えを行います
・今津吾郎(Ver.7キャラクター)特殊能力『不仲』
・大喧嘩(Ver.4イベント)
・タッグマッチ(Ver.6バトル)
・二人三脚(Ver.7バトル)
 それぞれのテキスト中の『タッグキャラ』は、『リーダーを除くタッグキャラ』に読み替えます

【その他】
 デッキシート提出あり(昼休みまでで構いません)
 入賞者のデッキは後日、このサイトで公開する予定です
 名古屋チャンピオンシップは、当大会では行われません
 その他、特殊なルールが追加される可能性があります
(1ヶ月前までには確定予定)

 裁定等の質問や、その他要望等がある場合は、この記事のコメントでお願いします

【事前に受けた質問とその回答】
Q.由真&愛佳の柔軟体操は、複数のキャラが同時にダメージを受ける場合、どうなりますか?
A.同時に発生するダメージも全て−1されます
  ただし、味方キャラ全てを対象としているので、魔法のサークレット等で柔軟体操の対象から外れている場合は、そのキャラの受けるダメージだけ−1されません

Q.両性のリーダーからの待ち合わせで、男性や女性のキャラを出せますか?
A.どちらも可能と公式にFAQが出てます

  また、待ち合わせ絡みの補足として、性別を持たないキャラに関してですが
  何らかの性別を持っているリーダーキャラから、待ち合わせで出す事は可能とします

Q.両性のキャラはミス・コンテストやミスター・コンテストに参加できますか?
A.できます
  異なる方の性別も持っていますが、その為に中断する事はありません

Q.イベントのリーダーチェンジを使用して、リーダーを他のタッグキャラにする事は出来ますか?
A.リーダーチェンジは手札のキャラクターカードを選択する為、タッグキャラにはなれません
  これに関しては、読み替えも行いません

  ちなみに、ゲーム開始時に選ぶリーダーは通常どおりに、試合毎にデッキ内から選択するので、試合毎に変更しても構いません
  この場合に、他のタッグキャラがデッキ内に入っているなら、そのタッグキャラにする事はできます
posted by トゥクス・ウィム at 09:00| Comment(6) | TrackBack(0) | LF・主催大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャッジー

由真&愛佳の特殊能力「柔軟体操」は複数のキャラがダメージを受けるとき、その全てのダメージを−1しますか?
それとも1キャラを指定して、そのキャラのダメージのみを−1するのでしょうか?
Posted by マサムネ at 2009年04月03日 23:44
同時に対象となっている味方キャラに対して発生したダメージは、全て−1するものとします
括弧書きでの注釈はないですが、保護者と同等に扱ってください
保護者とは処理タイミングが微妙に違ったりするけど、それはそれ
それと、魔法のサークレットなどで柔軟体操の対象から外れている場合は、そのキャラに対するダメージのみ−1されません

大体こんな感じで
Posted by トゥクス at 2009年04月04日 00:06
ちょっと気になった事があったので質問です。

タッグキャラをリーダーとしたとき、扱いは「タッグキャラクター」であり、「キャラクター」には含まれない、という解釈で合ってますか?

例:タッグキャラリーダーに対する二重人格は使用可?使用不可?

以下、二重人格(Ver.1.04)のテキスト。
「自分のゴミ箱から1キャラクターカード1体を選んで、味方キャラクター1体の上に乗せる。
 ターン終了時まで、そのキャラは上に乗ったキャラのコピーとして扱う。
 ターン終了時に、上に乗せたキャラクターカードをゴミ箱送りにする。
 このキャラはタッグキャラの構成要素にはできない」
Posted by ルナ at 2009年05月17日 17:55
はい、リーダーでもタッグキャラとして扱います
なので、キャラやタッグキャラ対象の効果は受けますが、キャラクター対象の効果の対象にはなりません
例の二重人格はキャラクター対象なので無理ですね
また、タッグキャラ対象のバカップルなんかは有効です
Posted by トゥクス at 2009年05月17日 18:57
タッグキャラ関連とは全然関係ない質問ですいませんが、
先日フリーを打ってて気になったので

残り気力が2以下の真紀子が「厳しい目」を使用してダウンしたとき、
真紀子ダウンによるダウンドローと、
「厳しい目」による特殊能力を打ち消す効果の発揮はどちらが先になりますか?

※例:真紀子が「厳しい目」を打ってダウンしたとき、
 ダウンドローで引いた「封印」を「厳しい目」に対して使用できますか?
Posted by 愚っ血 at 2009年05月27日 07:50
その場合、気力マイナスの使用代償を払った段階でダウン処理が入り、ダウンドロー
その後に、封印を使用できる「特殊能力を使用したとき」のタイミングが来ます
なので、ダウンドローからの封印は使用できます
Posted by トゥクス at 2009年05月27日 15:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。