2005年12月19日

オリカカンループ2【LF・デッキ】

リーダー:緒方英二
 キャラ19
オリカカン×4、ショップ屋ねーちゃん×2、岡田・松本・吉井×2
柏木楓(Ver.1)×1、柚原このみ(Ver.6)×1、澤田真紀子×2、リアン(Ver.3)×2
相田響子×2、大庭詠美(Ver.2)×2
 アイテム6
分厚い財布、衣装・メイド服×2、情報システム
廃人×2
 イベント25
降霊術×4、転機×4、ガセネタ×1、時間稼ぎ×2
封印×2、延期×1、付け焼き刃×2、スランプ×2
遠隔操作2、スカウト1、買い物2、コネクション×1
長蛇の列1
 バトル6
チキンレース×4、リラクゼーション×2
 フィールド3
エキサイト×3

 と言うわけで、約1年ぶりに使ったオリカカンループです
 その時よりは色々とマシになってますが……それでもまぁ、大会用ではないです

 基本的なロジックは前の記事を見て貰っても書いてありますが
 エキサイト状況下で、オリカカンの幻影バトルを、廃人を装備したリーダーで受けて
 バトル中にコストを出せば延々と回せるよね、と言う話です
 今回の形で必要なパーツはオリカカン、分厚い財布、廃人、エキサイト、チキンレースの5枚
 それでもそれなりの枚数ではありますが、無限コンボである以上は仕方がないでしょう

 一応、流れを解説すると
 リーダーの緒方英二に分厚い財布と廃人を付け、エキサイトをセットし
 オリカカンでバトルを挑み、幻影を使用してチキンレースを選びます
 バトル中に緒方英二のプロジェクトでチキンレースをもう1度使える様にし、その際に発生する分厚い財布のコストで、次の幻影のコストを支払います
 そして、チキンレースの効果により1ドローが出来るので、これを繰り返せば無限ドローになります
 その際に、元の能力値のままだと発生する緒方英二への1ダメージは、プロデュースを英二にかけるか、リラクゼーションで回復させてください
 後は長蛇の列が積んであるので、遠隔操作と付けスラを使い回して投げ込んで終了、です


 1年前との違いは、リーダーが緒方英二になった事により
 バトルを何度も挑むためにリベンジが不要となり、コスト発生アイテムも1つで良いこと、ですかね
 特に、リベンジが不要というのは単純にパーツが1つ減ったことになり、それだけでパーツが揃うまでの速度がかなり上がっています

 次に、チキンレースの存在です
 以前の形だと、バトルを幻影エキサイトで回すのに加えて、別の勝ち手段を用意しなければなりませんでした
 今回でもそれは変わっていないのですが、以前からの必須パーツであったバトルを利用して無限ドローエンジンを作れる事により
 ループ自体のパーツと勝ち手段のパーツの分離が可能になり、結果として必要パーツ数を減らす事が出来ました
 更に、そのパーツ数で無限ドロー&無限コストという状態が作れるので
 後は長蛇の列さえあれば、長蛇の列で回収してドローして使って……で、大抵のイベントを使い回して使用できます
 これにより、勝ち手段自体のバリエーションもかなり増えましたね


 コンボとしてはそんな感じです
 ただ、現状での問題点として
 リーダーの気力が低いので、パーツが揃うまでをどう守るのかと
 きっちり宣言をすると、バトルを1度行うたびに1枚ドロー、なので
 それだけでかなりの時間がかかり、制限時間がある試合などでは、勝ち手段を早く用意できるようにしておかなければ確実に引き分けになります
 その辺りはその人の調整次第なので、色々と考えてみましょう

 と、理論そのものは昔から変わっていませんが
 一応チキンレースで強化されたコンボと言うことで、改めて使用してみたわけですが
 プロジェクトも幻影も、使用回数制限があって良いんじゃないかなぁと思わないでもない
 まぁ、幻影は使い手がほとんど居ないだろうから、あまり関係ないのですが
 きっちり調整すれば、もう少し実用性は出ると思うんだけどなぁ……
posted by トゥクス・ウィム at 00:32| Comment(0) | TrackBack(1) | LF・デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

リーダー真帆FC2
Excerpt: 初手:廃人、リベンジ、エキサイト、シンクロ、ジャム、オリカカン、バーサーク デッキの残り52枚を答えなさい(10点) 意訳:あとは任せた! そしてメールで鴉木さんにオリカカン無限ドロ..
Weblog: Hi & Low
Tracked: 2006-01-08 15:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。