2020年01月20日

バンクからはじめる【LF・デッキ】

特殊ルール:ランダムなフィールドカードの効果をルールとして追加する
(リンクドロー、クローン、スペース、バンク、ブースト、サクリファイス、ナロー、プロモーション、モノポリー、プロハビット、アップリフト、インフォメーション、シミュレーション、デンジャー、ローン、パートナー、クイック、リゾート)

リーダー:小牧愛佳(Ver.6)
 キャラ16
3:綾之部可憐(F.C.3)、タリエシン
2:小牧郁乃(Ver.6)
1:ポナホイ、岡田・松本・吉井、相田響子、フランク長瀬
  ディー、ティリア(Ver.1)、ジャム、香月恭介
 アイテム1
1:狸の置物
 イベント38
4:降霊術、コネクション、心機一転
3:クレジットカード、スカウト、ハプニング、すり替え
  はじめからはじめる
2:ガセネタ、封印、長蛇の列、猛吹雪
1:スタミナドリンク、手術、強制退場
 フィールド4
4:バンク

 1月19日のLFの大会46使用デッキ
 特殊ルールは前回と同じ
 特殊ルールのフィールドの中にバンクがあって、いろいろ考えてたら普通に使ってみたくなった、という感じ
 元々はタリエシンの吟遊詩人コストを貯めて心機一転によるデッキアウト、というのがスタートだったんだけど
 バンクのコストを安定させるためにリーダーが愛佳になり、その上で防御カードをいろいろ考えていたら、最終的にはじめからはじめるになってしまった
 デッキの形自体は前回大会の時点からぼんやりと考えてて、はじはじに気付いたのは今回の大会2日前とかなんで、ほんと急遽

 基本思想としてはまずバンクを貼り、タリエシンの吟遊詩人コストと可憐の家柄コストを貯める、というのがスタート
 ちなみに公式FAQは出てないですが、コストの使用制限はターンを跨いでも残る物として考えてます
 なので、前衛が敢えて2コスト多めになってて、自ターンにはじはじ→貯めてた可憐コストでキャラの再展開→タリエシンコストで心機一転、と繋ぐ感じ
 その時はバンクは貼り直さずにターンエンドになるので、相手がコスト貯めててもそこで1回切れる感じ


 パーツの解説としては、狸の置物が明日菜及び須磨寺がいた場合の対策
 逆に言えば、それ以外ははじはじ通ればなんとかなるだろ、ぐらいに思ってる
 バーン系に関しては、フランクとティリアでなんとか
 バトルを受けるキャラがほとんどいないので、バトル流しの猛吹雪が2枚
 手術は……世話焼きを積む構想とか、前衛にHM−12Sを積む構想とかがあったので、その名残
 バージョンアップ入れてHM−12Sはほんとに最後まで迷ってたんだけど、タッグははじはじ後の再展開が出来ないから、はじはじ型になってから抜けたカード
 てか、猛吹雪や強制退場もそんな感じだから、どうせならはじはじ、スカウト、クレカの4枚目にして尖らせたほうが良かったかも
 3コストはクレカで投げるカードとしても優秀だからまぁいいか、という部分もあったけど

 後、心機一転を通すためのカウンターは時間稼ぎでも良いんだよな
 それ以外にも使う可能性があるからガセネタは抜けないし、ハプニングもバンクを守るために欲しかったカードではあるけど
 クレーム止める手段も少ないし、イベントカウンターに対するカウンターはもう少し考えるべきだったかも


 そんな感じで
 最終的にバカみたいな大技のコンボになって、実際に決まると面白いけど、いろいろ難しいね
 4戦して2戦でコンボ発動まで持っていけて、片方はカウンターされてるんでアレだけど
 それと、バンク+タリエシンは普通に往復で2コストイベント撃てるんで強いね
 とは言え、コストが3属性なのがあまりに重いんで、普通にやるならブーストで良いね、うん
posted by トゥクス・ウィム at 23:36| Comment(0) | LF・デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

チームプレイクロウ【LF・デッキ】

特殊ルール:ランダムなフィールドカードの効果をルールとして追加する
(リンクドロー、クローン、スペース、バンク、ブースト、サクリファイス、ナロー、プロモーション、モノポリー、プロハビット、アップリフト、インフォメーション、シミュレーション、デンジャー、ローン、パートナー、クイック、リゾート)

リーダー:クロウ(Ver.7)
 キャラ18
3:ソポク、テオロ
2:ポナホイ、エルルゥ(Ver.4)、オボロ(Ver.7)、グラァ&ドリィ(Ver.4)
1:キママゥ、イヴ、ウー&ヤー&ター、ゲンジ丸
 タッグキャラ1
1:テオロ&ソポク
 アイテム2
2:ウォプタル
 イベント32
4:降霊術、死中に活、付け焼き刃、スランプ
  チームプレイ
3:挑戦状、魚肉ソーセージ
2:ガセネタ、封印
1:応援、スカウト
 バトル4
3:隠し芸
1:デコピン
 フィールド2
2:ナチュラル

 11月3日のLFの大会45使用デッキ
 特殊ルールが不思議なことになってますが、事前に選んだ18種からランダムで、影響が大きすぎない物を選んでる、はず
 そして、それを眺めた結果として、久々に普通っぽいバトルデッキを組むことになりました

 最初はとりあえず、クローンとかスペースとかがあったので、チームプレイをしたくなって
 死中に活ぐらいで引けばリンクドローもそんなに気にならないし、バトルで有利なのは幾つかあるし
 デンジャーやローン辺りはゲンジ丸とVer.7オボロである程度対策できて、ソポクとかで起こす用意をしておくとプロハビットでもそれなりに奇襲できる、とか
 見てたのはそんな感じだったと思う
 最後の枚数調整で応援削って挑戦状を増やして、パートナーとかプロモーションとかもちょっと見てた
 ただ、いろいろ考えた結果、チームプレイで並べるためのキャラ数が削れてて、クローンはともかくスペースが埋まるほど並ばない、という欠陥が出たのはアレ


 ということで、チームプレイ4積み以外に言うことはそんなにない、気がする
 獣の選択としてキママゥとかまで入ってますが、0コストで仕事出来る獣だし、能力低くてもこの場合は採用する余地があるかと
 サポートに回る獣ってあんまり多くないんですよね
 バトルが1枚デコピンなのは主に耕一対策、マルチとか居たらごめんなさいだった
 ウォプタル2枚でサーチもスカウト1枚だけなんで、引けなくてもちょっとダメージが出せそうなバトル、というのもあった
 ウォプタルの枠を削るためにVer.4クロウって案もあったんだけど、それはそれで手札使わないと火力が足りなくなるから止めた感じ
 アイテム抜いてキャラ数を増やすなら前衛ユズハって案もあったんだけど、ナチュラルまで使えないとさすがにアレだしねぇ

 あ、テオロがアイテム対策とか言い出すんで、その辺りは必死
 テオロ&ソポクは組めば面白い動きはするんだろうけど、本人の火力は伸びないのが難しいね


 そんな感じで
 しかし、久々に付けスラ投げてた気がするけど、やっぱ楽だな、これ
 今回はチームプレイまであるから、コストが出る状況ならもっと雑に投げれるし
 相手も能力値が伸びるところだともうちょい大変だし、チームプレイ代わりの引きで逆に死んでた試合もあるけども
 一応、こういうのも最低限は使えるはずだし、たまには使おう、うん
posted by トゥクス・ウィム at 13:28| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

デッキアウトディー・高速レギュ【LF・デッキ】

特殊ルール:先行1枚ドロー、以降2枚ドロー

リーダー:ディー
 キャラ22
4:梶原夕菜(F.C.3)、立田七海(F.C.2)
3:フランク長瀬、ティリア(Ver.1)
2:澤田真紀子、ジャム
1:ポナホイ、綾之部可憐(F.C.3)、保科智子(Ver.1)、太田香奈子(F.C.)
 タッグキャラ4
4:夕菜&七海
 アイテム1
1:白い仮面
 イベント30
4:降霊術、待ち合わせ、ガセネタ、応援
2:封印、スカウト、インスタントヴィジョン、手加減
  お裾分け、闇取引
1:身代わり、転売
 フィールド2
2:インナー

 9月22日のLFの大会44使用デッキ
 たまに組みたくなる、デッキアウトのディー
 今回は特殊ルールでドローが増えるので、じゃあデッキアウトまで耐えるターンが半分になるな、という発想

 一応、防御の方向性としては夕菜&七海で
 起こす効果もあるので、上手く展開できれば加速にもなるはず
 後は今回のレギュ的に速度が上がるはずなので、バトルが複数枚並ぶ前提でフィールドがインナー
 ドローが多いから普段よりサーチを減らして、代わりに防御を増やした感じかな
 防御カードが手加減なのは、前衛の回復力を高めにしたのと、闇取引と噛み合ってたりするから


 正直、改めて解説するようなことも特にない、と思う
 で、実際には0勝5敗でしたが、そもそも夕菜&七海が1回も仕事してないから仕方なかった
 タッグ化できたのが1回で、その時はもう一つの結末封印されて一撃で10点貰って終わり
 後は土台を出された直後に嫌がらせ×2で焼かれたのと、強制退場喰らったのと、アンドロ画策で捨てられたのと、今津吾郎が居て出せなかったのと
 こっちの引きが噛み合ってないのもあるけど、それを含めても駄目だね
 引きの話で言うと、待ち合わせがほとんど引けてないのも、出した直後に焼かれたのに繋がってるんだけども

 そもそも、耐える話なら最初から、リーダーはディーじゃなくて、智子とかガディムとかの方が安定するって、ディーで組むたびに思うね
 特に今回のレギュだと、耐える時間は少な目で済むはずだしね
 わかったうえで、ディーで組みたくなっちゃったから仕方ないんだけども
 てか、待ち合わせじゃなくて臨時収入にしておけば、途中で智子に代える選択肢も取れたかな、とは思ってた
 それはそれで、コネクションぐらいは入れた方がよくなるんだろうけど
 ディーだと待ち合わせの方が即タッグ化が狙えるのと、1裏でわるだくみ狙えるのとで良いんだよね
posted by トゥクス・ウィム at 00:51| Comment(0) | LF・デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

引きこもりトゥスクル【LF・デッキ】

特殊ルール:リーダーの気力15固定

リーダー:トゥスクル(Ver.4)
 キャラ22
4:ティリア(Ver.1)、河野貴明(F.C.2)、久寿川ささら(Ver.7×2、SP×2)
2:澤田真紀子、フランク長瀬
1:綾之部可憐(F.C.3)、スフィー(Ver.3)、リアン(Ver.3)、牧部なつみ(Ver.3)
  シルファ(F.C.3)、向坂環(F.C.3)
 タッグキャラ6
4:貴明&ささら
1:スフィー&リアン、なつみ&なつみ
 アイテム3
1:情報誌、小説、詩集
 イベント27
4:降霊術、臨時収入、スカウト
2:封印、ガセネタ、長蛇の列、ツミコミ
1:解雇、身代わり、インスタントヴィジョン、延期
  お裾分け、転売、ハプニング
 フィールド1
1:インパクト

 7月28日のLFの大会44使用デッキ
 引きこもってインパクトで粘る感じ

 名前が似てるってだけの理由で、1回トゥスクル使いたいなぁとは思ってたんだけど
 最初はF.C.2の鉄扇の方で考えてて、なかなかまとまらず
 構築の方向性として、殴るよりは引きこもる方が慣れてるってことでVer.4になりました
 元の気力が低いから、このルールで活きる部分も大きいしね


 デッキの方向性として、まずは気力マイナスだけで使える特殊能力を探すところから
 通常キャラだとティリア真紀子シルファ、後はウルトリィとかカミュとかもいるけど効果的にいまいちで
 タッグまで広げたところで貴明&ささらを見つけて、それで後はどうとでもなるなぁという感じに
 自ターン事にサーチが出来て、詩集引っ張ってくれば感性4で吸収できるし
 んじゃ後は勝ち手段となった時に、前衛の枠がいろいろきつそうだったので、インパクト貼って待ってればいいか、と
 後は焼き要素も入れておいて、どれで戦うかは状況を見つつ
 とにかく、貴明&ささらを作ってから考えよう、という感じ

 キャラは、バーンが環なのは属性の都合
 インパクトとアイテムのコストが両方出るからちょうどいいや、と
 スフィー&リアンも、力属性のを足しつつの火力
 さすがにタッグ化しないと狙えないし、タッグパーツ自体は貴明&ささらで引いてこれるでしょ、という雑な感じ
 なつみ&なつみは、気力マイナスだけで使える能力ということでの採用
 最初はもっと枚数増やしてたぐらいだけど、枠の関係で最低限になった
 タッグが3種類入ったから、ついでに二人三脚まで考えたりもしたんだけど、そこを優先する余裕はなかったね

 アイテムは治療の効果増幅用、効率的に詩集が最重要
 後はどこまで積むかだったけど、最終的にティリア3回分を一気に回復できるように、+4の6まで
 感性ブーストアイテムはいろいろあるんだけど、とりあえず1コスで装備できるアイテムでまとめておいた感じ

 イベントは貴明&ささらを揃えるのが最優先だったから、スカウトの他にツミコミまで入れてみた
 デッキ的に1積みが増えるから神だのみとかは使えなくて、コネクションはコストの余裕がなさそうで、という感じ
 実際に回した感じ、貴明&ささらが出る前に治療を使ってる状況って駄目っぽいから、コネクションでもよかった気はする
 後は1積みの対策系をいろいろ積んで、最悪長蛇の列で使い回そう、という発想
 長蛇をカウンターされるのが一番嫌、という理由で長蛇が2積み
 優先順位として正しいのかどうかは知らない
 対策として転売が入ってるのは、遅いデッキだからロックされると困りそう、という判断
 精神強化の対策をどこまで考えるかも迷ったけど、精神保護者でも前衛は焼けるからそこまで重視しなくてもいいかな、ぐらい


 そんな感じで
 治療だとリーダーが回復できないのが難しいんだけど、ティリアとフランクとついでに貴明&ささらからも回復できるので、このルールなら揃ってしまえば何とかなる感じ
 とは言え、揃う前に普通に轢き殺される程度でもあるのが難しいね
 このルールのリーダーでこれで、通常ルールだとこれでリーダーは無理だし、前衛に出すにしても脆いからブーストアイテム積みにくいし、なんだよなぁ
posted by トゥクス・ウィム at 19:00| Comment(0) | LF・デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

買い溜めうんちくタリエシン【LF・デッキ】

リーダー:タリエシン
 キャラ12
4:HM−12
2:ショップ屋ねーちゃん
1:綾之部可憐(F.C.3)、岡田・松本・吉井、アンニン、相田響子
  麻生明日菜(Ver.5)、ジャム
 アイテム12
4:衣装・すっぴん、屯食、ハンディ
 イベント34
4:降霊術、スカウト、バージョンアップ、うんちく
  買い溜め、すり替え
2:臨時収入、封印、ガセネタ、いただきます
1:スタミナドリンク、長蛇の列
 フィールド1
1:クリアー

 5月19日のLFの大会43使用デッキ
 先行ワンドロー有りとかでしたが、その辺りは特に関係なく、なんかいろいろ迷走した結果こうなった
 デッキ的には残すようなものでもないと思うんだけど、迷走した思考のメモだけ残しておきたいと思ったので

 思考の迷走的には、時事ネタ的にじゃんけんしたかったけどそれっぽいバトルが野球拳しかなかったから諦めた、というところからだったりするけど、それ自体はこのデッキとは関係なく
 そんな中で、割とギリギリになって考え始めた、ということだけ把握してもらえれば

 そもそもは前回のタリエシンの時にちょっと書いてますが、スカウトで降霊術引っ張ってくるぐらいの方が強いんじゃないか、というのがあって
 つまりはひたすらドローをしようと他のカードも探してたら、サクラに目が留まって
 昔に1回組んだサクラ+切り札を久々にやろうかなぁと思って考えてたら、サクラでドローしてから殴るよりうんちくで焼いた方が早いんじゃね? と
 最終的にそこまで繋がってしまったので、元の発想なんてなかった
 結局は買い溜めで一気に引けるっていうのも含めて、サクラしなくてもドロー足りるかなぁという感じ


 んで、スカウト、買い溜め、うんちく辺りを大量に入れるのが確定したので、リーダーはタリエシン続投
 買い溜めからのすり替えも含めてある程度ドローを回す想定
 キャラに明日菜が混ざってるのは、除去されにくいアイテムの装備先として
 同名アイテムが増えるから、ある程度前衛の数が並ばないと駄目で、でもキャラ数が削れると考えた結果
 アイテム枚数を8にするか12にするかはちょっと迷ったけど、状況次第でリーダー1撃を狙える火力は欲しいかな、と
 速度重視なので、アイテムは0コスアイテムのみ
 後はフィールドのクリアーだけど、自分のアイテムの効果はどうでもいいし、威厳とスルーが嫌だったので纏めて、という感じ


 回した感じとして、火力的には前衛即死しか狙えないけど、前衛を狙ってると時間とうんちくが足りないので、基本的にはリーダーに2発撃ちこむ形になるっぽくて
 うんちく2発を安定させようとするとなかなか難しい、というところかな
 タリエシンのコストの都合で往復1発ずつ、とかいう状況も出てくるので、余計に
 それを踏まえて回す分にはまだ何とか? と思わないではないけど
 結果的に、ドロー数での安定が取れることを考えれば、サクラ型の方が面白くなった気はするな、うん

 一応、昔のサクラ型はVer.4マルチ(お散歩)がリーダーで、お散歩でクローバー回収して仲直りで貼ってサクラしてた記憶、とだけメモ
 今回もサクラで組む場合は、バージョンアップでマルチ引っ張ってくる予定でした、と
posted by トゥクス・ウィム at 23:55| Comment(0) | LF・デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする